家族で話し合い所有していた2台の自家用車のうち1台を、売却する

家族で話し合い所有していた2台の自家用車のうち1台を、売却する

家族で話し合い所有していた2台の自家用車のうち1台を、売却する事に決めました。



とは言うものの、車を売るのも初めてでしたから、どの買取専門店を選べばいいのか判断がつかず、ネットで買取業者を探し、結局、自宅に近い業者に買取をお願いしました。
売却した車は、私の愛車だったネイビーカラーの軽自動車で10年落ちのものでしたから、お金になるのか微妙なラインでしたが、主人と二人でランチを楽しめる程度の金額で買ってもらえました。



見積りに来てくれた中古買取業者から好条件の見積りを得るためにはそれなりの努力が必要です。



営業マンの目的といったら契約にほかなりませんので、こちらとしては然るべき金額であれば即決する雰囲気を醸し出して、相手に「ここが勝負のしどころ」と思わせることです。中古車買取業者の立場からすると車の引き取り日が決まればこれからの販売見込みがはっきりするので、提示価格への上乗せを求めてもスムーズにいく可能性が高くなるのです。

車の評価を受けるときには社外の部品を付けている車は一般的に評価が下がってしまうのでメーカーの部品に戻すようにしてください。

ただし、純正の部品に戻すのに工賃がかかるときは、上乗せ額よりも工賃のほうが高くなるため動かさずにそのまま買取申し込みしたほうが良いように感じます。車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、少々査定額が高く出るという説が世の中にはあるようです。当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をして車体の傷などが見えにくくなると言うのが理由となっているようです。そんな説があっても、じつのところそれで高値を付けてしまうほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。
決算期で販売合戦の激しい3月と、夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は自動車の販売は好調です。


店側は期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。



つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。特に急いで車を処分する理由がないなら、価格上昇のタイミングを見計らうことで、高額査定も期待できます。


それと、4月は決算の翌月で販売も一山超えたところで、査定価格もどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。

売りたい車の査定を受けようとする際には、ちゃんと洗車を済ませておくべきです。


車を査定するのはあくまで人間、一目で手入れされてないとわかる汚い車よりはきれいに洗われた車に良い感情を持つでしょう。

車の汚れについてはそれだけでなく、汚いままだと、へこみや傷があるかないかをちゃんと確認しづらくなり、そのことで査定額が落ちることもあります。また細かいことですが洗車に際しては洗いやすい外装だけではなくタイヤまわりも洗っておきましょう。実際に、車をいくらで買い取ってもらえるかは業者によって違っており、一歩間違うと、かなり値段が違ってくることもあります。査定依頼を複数の業者に頼むべきだというわけはこのことからです。

何社かの買取業者へ査定して貰う時には一括で査定可能なサイトが今はありますので、さほど苦心する必要もありません。



トータルの走行距離が10万キロをオーバーしている車を売る場合、業者に査定してもらっても買い取ってもらえない事がほとんどです。ですが、いくつか例外もあります。

具体的には、タイヤがまだ新品であるとか、車検まで期間が残っている場合などの、なにかしらの値打ちがある車両であれば価値が上がる事もありますから、初めからあきらめる必要は無いのです。
複数の買取業者にあたってみるのが良いと思います。


出来るだけ高い値段で自分の中古車を売るためには、一軒二軒の査定で満足せずに複数の買取業者に査定見積もりしてもらうことです。



他の店舗が表示した見積もりの金額を言うことで見積金額がアップすることは良くあることです。いっぺんに複数の業者に査定をお願いするには一括査定サイトの利用が便利で良いのですが、一括査定サイトで飛び抜けて高値を提示する店舗は詐欺かもしれないので十分注意する必要があります。

車の出張査定というものが無料であるかは、中古車買取業者のホームページを確認してみればすぐに分かります。

もし、査定の関連情報が少なくて、その点が載っていない場合には、直接電話をしてみて確かめるようにしましょう。


査定でお金を取られてしまうのはバカらしいことなので、少しばかり、面倒だと思わず事前に確認を取るようにしてください。
中古車をディーラーに下取りしてもらう際は結構、多くの書類が必要になってきますが、そのうちの一つに自動車納税証明書というものがあります。もし、納税証明書を紛失した場合には、税事務所等で再発行を行うことになります。


自動車に関連した書類は、失くしてしまわない様に常日頃からちゃんと管理を行うことが大切です。

中古車専門業者のところに運び込むと、買取をお願いすることができます。

申し入れる場合は、場所によって買取金額が一定でないことに気を配ることが必要です。たくさんの業者を比べることで、高い評価を受けることができます。自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、値段がつかない場合も出てきます。走行距離が10万キロメートル以上の「過走行車」や、大きな事故を起こして修理したことがある車などは査定金額がゼロ円になることもままあります。
多くの中古車買取店を回ったとしてもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、普通の買取店舗ではない廃車専用の業者に引き取ってもらう方法もあるので、落胆して売却を止めてしまう必要もないということです。



車買取を依頼するとき、いざ訪問査定となれば掃除くらいはしておきましょう。
収納スペースを塞ぐものは最小限にとどめ、外側は思い切って洗車してしまいましょう。



軽いシャンプー洗いくらいで構いません。普段使わないブラシなどで念入りにやると、ムラが出たり、傷がつく危険もあり、スーツ姿で触っても服が汚れないのを目安にすると良いでしょう(営業さんはスーツで来ます)。

それからホイールを含むタイヤ周りは人の足元と同じですから、きれいにしましょう。

また、小キズをタッチペンで修正する人もいますが、買取後にプロが処理するほうがキレイですので、そのままにしておいてください。


人気の高い車種を売る場合、買取を業者に頼んだ場合、十分な査定額を提示してもらえます。代表的なもので言えば、トヨタのプリウス、ホンダのN-BOXや日産のセレナといった車種は買取においても有利な、人気車種だと言えるでしょう。

しかし、購入当時には人気の高いクルマでも、査定の段階で人気が下がっていたとしたら、反対に査定結果が下がることもありますから、注意してください。

Written By 小金持ち男